H-HOUSE

築40年の木造住宅の改修、京都

大工さんが建てられた家の改修です。

​改修前は、キッチンとダイニングが隣接した部屋に別々にあり、段差もありました。昔のキッチンは、調理や準備する場所が、別部屋に個室になっており、外からの光が入らず、暗く、吊り戸棚もありましたが背が高く、ほとんど使われていませんでした。

シニア世代のご自宅の改修で、毎日大テーブルで食事をする必要がないが

現在のテーブルを用いて、時にはカウンター越しに夫婦で会話しながら、食事するなどを

想像されました。

【北欧スタイルのキッチンで明るく】

食器が、和食器、洋食器、調理器具などバリエーションがあり、すべての容量が

カウンターの下におさまるようにしたい、とのご希望でした。

キッチンは、さまざまなレイアウトを考えましたが、既存の柱が構造柱で動かせないこともあり

そのあいだにすっぽり入るようなレイアウトとしました。

【ご希望は、「掃除しやすいキッチン」】

普段からものをたくさん置くのではなく、片付いている状態をキープできるようなキッチン。

それはやはり「収納量」と「収納の仕方」にあります。

お客様のお住まいのエリアは、贈答品や、食材、調味料をたくさん頂いたりすることもあり

キッチンからアクセスできる「パントリー」を用意することで、在庫の食材や、調理器具は

そちらに入れることになりました。

【お風呂、水回り】

改修前、お風呂は、井戸水と水道水があり、在来工法の全面タイル貼りでした。

ハーフユニットバスを岐阜まで見学しに行き、そちらを採用となりました。

タイルはお好きなものを採用。鏡はイケアのものです。

【トイレ】

既存の壁面の石材を再利用されたいとのことで、既存の間仕切りと小便器を撤去し、

イケアの鏡と洗面台で、モダンに仕上げました。扉は引き戸に変更。

【床】

床は、すべてのエリアで、段差を無くしました。かなりの段差がありましたが

全体で水平移動がしやすくなり、生活のご負担が減りました。

また栗のフローリングで、明るく、親やすい部屋になりました。

【照明計画】

キッチンにはダウンライトと、ペンダントライトを採用。

キッチンに立っているときでも、調理の手元に影ができないように配慮しています。

【イケアのキッチン】

カウンターは、奥行きの異なるカウンタートップを組み合わせて、

奥行きが深く、奥様方が集まってちょっとしたクッキングの会や、裁縫の会をしても

楽しく集まれるようになっています。

すべてのお皿、調理器具が引き出しの中に収まりますので、

カウンタートップが常にクリーンに保たれます。

面材は白、マットフィニッシュです。

シンクは、井戸水と水道水のふたつの水栓。

アイランドに食洗機を配置し、次世代のファミリーにも使えるようにと採用されました。